サンプルページ

オフィスは女性社員の通勤を考えた地域

Posted by on 5-05-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

会社において、男性社員と女性社員の割合はどれくらいでしょうか。一般的な会社では、男性社員のほうが多いということになるかもしれません。でも以前に比べると、女性社員が増えてきた、割合が増えてきたということもあります。
また会社によっては、女性社員が多かったり、女性社員しかいないというところもあります。
サービスの内容によっては、そちらのほうが都合が良いということになると思います。
その中の男性社員は、かなり肩身の狭い思いをしているようです。

さらに経営者や役員が女性という会社も増えています。
そういった会社であれば、女性社員に対する対応を十分にするように考えているようです。
育児休業を取りやすくしたり、出勤時間、勤務時間を柔軟弐変更できる制度を導入したりするということがあります。
そのほか、社内の設備も充実させます。
トイレなどもどうしても女性用は個室のために数が少ないことが多いです。
別途トイレを広げるようにするということも対応のひとつになります。

また、女性社員が安心して通勤することができるようにということで、オフィスの地域においても考えるようにするということです。
まずは夜に危なくないところになります。
明るければよいということではありません。繁華街などで明るくてもあまり環境がよいとはいえません。駅に近いほうがよいですが、そうでなくても、他のオフィスビルなどが建ち並ぶようなところがよいということです。
昼と夜とでどのようになるかも見るようにします。

オフィスはコンビ二が近くにある地域を選ぶ

Posted by on 4-04-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

スイーツといいますとスイーツショップで購入するのが一般的です。
人気のスイーツショップに行列がっで着るということもあります。
でも最近では、別のところでもスイーツが売られているということです。
それも非常に人気があるということです。
それはコンビ二です。
以前であれば、製パンメーカーなどが製造するもののみでしたが、最近は、独自に開発をして、独自に販売をしているということです。
ですからそのコンビニに行かないとそれが買えないことになります。

スイーツというのは、主にOLさんをターゲットにしているのでしょう。仕事中に小腹がすいたときに食べてもらおうということです。
ということは、サラリーマンにも対応してくれているということです。
おでんであったり、焼き鳥などが売られていることもあります。
お弁当やサンドウィッチ、おにぎりに関してはいうまでもないということです。
飲み物も充実していますから、生活に欠かせないお店ということになります。
住むときにも近くにあるかを確認します。

オフィスを選ぶというときにも、近くにコンビ二がある地域を探すことがあります。
会社においては、従業員が重要な役割をします。
働きやすい環境を与えるということが必要になります。
そのあたりは、会社のほうが考える必要があるということです。
注意としては、コンビには出店と閉店が激しく行われるということです。
せっかく近くにあると思っても閉店してしまうことがあります。
ですから、集中して出店されているところにします。

オフィスでは公共施設が近い地域

Posted by on 3-03-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

社員が入社したとき、または退職したときといいますと、それぞれ一定の処理をしなければいけません。雇用保険であったり、健康保険などの資格取得と喪失の処理をしなければいけないからです。
そのためにはどうすればよいかですが、それぞれ決まった役所に行く必要があります。
雇用保険の場合は、公共職業安定所、ハローワークと呼ばれるところで処理をします。
ハローワークは職探しの場所というイメージがありますが、企業にとっては届けの場所ということになります。

これらの施設というのは、各市町村ごとに設定されているというわけではありません。都市部であれば、比較的多く設置されています。
同じ区内においても複数設置されているところもあります。
一方地方などになると、ない市町村もあります。
そういった場合は、処理のためにそちらまで出かけていかなければならないということもあります。
ハローワークがない市町村などでは、別途職探しのための出張所が設けられていることがあります。
ただしそちらで入社などの手続きはできません。
そのことからも、オフィスを選ぶときに、近くに公共施設がある地域を選ぶことがあります。
必然的に都市部ということになります。
ハローワークと年金機構、税務署などが並んでいるようなところはありませんから、それぞれに適度に近いところを選ぶようにします。
税務署などは納税のときぐらいしか行きませんから、多少遠くてもよいということがあります。
また、届けに関しては、郵送であったり、電子的な手続きができる場合もあります。

私の職場地域のオフィス物件は空室が目立ちます。

Posted by on 2-02-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

私は従業員10名ほどの小さな会社で働いています。
私が働く職場は市内ですが、中心地からは少し離れています。
私の職場は地下鉄の最寄駅から歩いて10分ほどの場所にあります。
以前、今借りている事務所の家賃問題でとてももめたことがあって、事務所を移転しようかという話が出たことがありました。その時に社長が物件を探していたのですが、最寄り駅から歩いてすぐのところに不動産屋があって、そこの上のオフィス物件5件が全部空室とのことでした。広さもそれ程今の事務所と変わらず、最寄駅からより近いという好条件にもかかわらず、今の事務所の家賃より安かったそうです。
でも、結局そのオフィス物件を借りることはありませんでした。
なぜ、その駅から近くて家賃の安いオフィス物件を借りなかったかというと、社長いわく不動産屋の上にあるオフィス物件が全部空室でなんだか物騒な感じがしたからとのことでした。私もいつも通勤途中に通る道なので、よくその物件を外から見るのですが、空室ばかりなので確かに暗い印象を持ちました。日中はたいてい私一人で事務所にいることになるので、心配だから辞めたと社長が言っていました。条件だけ考えれば駅から近くなるし、家賃も安くなるしで良いことばかりに思いますが、そもそも空室ばかりのビルというのは何かよくない理由があるのかもしれませんね。地域によっては駅から近いオフィスビルは満室というところも当然あるかと思いますが、最近は不景気でどこもオフィスビルの空室が目立つという記事を前に新聞で読みました。首都圏の特定地域はこんな時代でも賃料が値上がりしているなどと聞くと、地域によって本当に違うんだなあと思います。
オフィスや住居の賃貸物件の空室が目立つと寂しく不安な気分になりますね。

オフィスとして人気の地域は鉄道の駅近く

Posted by on 1-01-13 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

会社勤めをしている人にとって、どこに住むかというときは、駅の近くを選ぶことが多いということです。
駅から近ければ、すぐに電車に乗ることができます。
後は電車が会社の最寄り駅まで連れて行ってくれるのを待つだけということになります。
それが、駅から離れていると、まず駅に行くということで気合を入れる必要があります。
バスであったり、自転車で駅まで行くとなると、それに非常に時間がかかるということになります。
ただし、住宅に関しては、駅から離れれば価格も安くなっていきます。
それを狙って、駅から離れたところということもあるかもしれません。
オフィスを構えるとしたら、どういうところがよいでしょうか。やはり人気の地域としては、駅の近くということになりそうです。
東京の都心部となりますと、大体近くに駅があるものです。
場合によっては、最寄り駅が複数あるということがあります。
これは理想になります。
というのも、一つだけだと、そちらがストップしたときに身動きが取れないということになります。
複数あれば、どちらかを利用することができることになります。
複数の路線が乗り入れているという場合もありますし、別々の駅が周辺にあるという場合もよいということになりそうです。

会社によっては、お客さんがたくさん来られるということがあります。
ショールームを設置していて、そちらに商品を展示していたり、セミナーなどを開く場合があるということがあります。
その場合も駅に近いほうがよいです。
社員の利便性だけでなく、お客さんの利便性も考えるということです。
便利であればあるほど、人気は高くなります。
人気が高くなれば、それだけ入居が難しくなります。
賃料も高くなるということがあります。
賃料と、立地のちょうどよいところを探すということになります。
東京や大阪、名古屋では鉄道が充実していますが、それ以外だと鉄道の駅にこだわることができないこともあります。
バスなどが便利なところも視野にいれます。

PTAの役割を果たすために

Posted by on 8-08-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

現在さまざまな問題を抱えているPTAですがほとんどの地域で教育環境の改善に多かれ少なかれ寄与する活動を行っています。地域の保護者が協力して子供を見守るというような意識が持ちにくい中、そのような機運を作っていくきっかけとしても重要な役割があります。
問題はこれらの役割を遂行するために人員、資源を集中することができないのが現在の大きな課題と思われます。
PTAの役割については地域ごとに色々な考えがありますが、一般の保護者の間に伝わっていないことが多くその内容も明確でない場合が多々見られます。どこに行っても指摘される問題として、PTAに必要な役割と関係のない事務的活動、儀式、付き合い、などに費やされる労力、時間が多いため本当の目的がぼけてしまっています。
まずはこの本当の目的を明確にして会員に周知すること、それ以外の活動を極力排除すること、がなにより必要です。学校までで止まっている子育て世帯の横の繋がりをさらに作っていくために、今後PTAの活性化が非常に重要となってくるでしょう。

PTAの現状

Posted by on 7-07-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

PTA(Parents Teacher Association)は太平洋戦争後GHQ(占領軍最高司令官総司令部)の肝いりで結成された歴史のある組織です。地域、校区ごとに独自の会則を持って運営されていますが、基本的には保護者と学校関係者が協力して子供たちの教育環境の改善を目指すという理念で存在しています。
現在多くの地域でこのPTAへ参加する保護者が減少していることが大きな問題となっています。よく聞かれるのはPTA役員のなり手がいない、くじ引きや説得などで無理に役員を決めている、ということです。そのためPTA活動が形式的なものになりがちであるという悪循環を招いています。
活動の実態が学校の雑用であったり対外的な付き合いの負担があったりというのも敬遠される大きな理由の一つであると見られています。
本来は子供たちのための活動を進めるために保護者が労力を提供しあうという形であるべきですが、どこかでボタンを掛け違えてしまったような組織運営になっている地域も少なくないようです。一部ではPTAは不要との意見もあるようですが、このような問題を簡単に考えていいものでしょうか。

多様な考え方の中で

Posted by on 6-06-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

原則的には子供の教育方針は保護者個人の責任であり、近隣の関与についても色々な考えがあります。家庭の外と連携する必要を感じない人、あるいは思い至っていない人、仕事などで地域活動との接点を持ちにくい人、など、依然として多くの保護者が子育てを家庭内と学校で完結するものと考えています。
しかし世の中が複雑化するなか価値観は多様化しコミュニケーション能力育成の重要性は高まっており、家庭の中ですべてを経験できないことは誰もが認めるところです。
漠然と地域とのかかわりも必要だろうと考える保護者はたくさんいますが、具体的にどのように動けばよいのか考えたことがない人がほとんどです。また考えていてもその答えを見つけるのは非常に難しいのが現在の子育て環境であると思います。みんなが感じている社会全体での子育ての必要性をどのように実際の活動に繋げていくかが問われています。様々な事例をお手本に一人一人が考えていかなければならない問題です。

地域で子供を見守る

Posted by on 5-05-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

今のおじいちゃん、おばあちゃんが子育てをしていたころまでは、人々は近所の子供たちについても色々と叱ったり心配したりということが一般的でした。それはつまりよその家庭や子供のことでも何かと口出ししたり噂話が広がったりという暮らしにくさにつながる部分も大きかったということでした。
それが集合住宅や新興住宅地が増え、個人のプライバシーに配慮が必要という意識が広がるにつれ、他人の子供のことをとやかく言うのは憚られる時代となりました。
現在はその反動が出てきた時代とも言え、保護者間で横のつながりを持つことが重要と考える人が増え、行政や地域団体が色々な子育て支援を打ち出すようになってきました。地域社会全体での子育ての再興の芽が出てきた時代と言えるでしょう。
地域社会では町内会などのお祭りや清掃活動、学校でのつながりなど子供でも安全に参加できることもたくさんあります。そういう場でコミュニケーションをとっていくなかで自然とみんなで子供を守っていく気持ちが出てくることでしょう。

地域で取り組む教育

Posted by on 4-04-12 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

わが国では少子化が本格化する中、国を挙げてその対策を考えなければいけないところにきています。さまざまな施策、改善すべき問題点、などが報告されていますが、子育て支援のひとつとして地域社会の子供たちに対するサポートの重要性も明らかになってきています。
都市部での地域社会のつながりやご近所づきあいが希薄になったと言われるようになって久しくたちました。この流れが教育現場にも大きな影響を与えています。共働き世帯が増えたこともあって、子供たちへ目が届きにくくなっています。
これらの要因が子供たちを問題行動に走らせてしまう場合も散見されます。さらには保護者間や保護者と学校関係者の人間関係があまりないことで自己中心的な考えになったり、極端な場合はモンスターペアレントと呼ばれる常識を逸脱した主張をする人が現れるといったことも起こっています。
しかし昨今、このような状況の反省に立って地域での教育活動を変えていこうとする機運が徐々に出てきています。こういった草の根の取り組みや依然としてある問題など、地域での教育に関わる動きの現状を見ていきたいと思います。